×

CATEGORY

HOME»  ラーメン・徳島情報

ラーメン・徳島情報

右に矢印の付いた見出しをクリックすると詳細が表示されます。

日本食であるラーメン

日本食であるラーメン

ラーメンは中華麺が使われており、さらに中華を思わせる器に入っています。また、チャーハンや餃子といった中華料理と一緒に出てくることがあります。
そのため、ラーメンは中華料理と思っている方も少なからずいらっしゃいますが、ラーメンは日本で生まれた料理です。その歴史をご紹介します。

ラーメンの起源

ラーメンの起源は中国の麺類からはじまります。拉麺が起源とされていますが、その詳細は明らかにされていません。その他にも拉麺の起源は諸説があるのですが、どれが本当なのかわかっていません。
中国には日本で見られる「ラーメン」と類似した食べ物は存在しないことから、中国の「麺」を日本人が独自にアレンジして生まれたものだと言われています。

ラーメン店の登場

明治の中期には横浜中華街で「南京そば」と呼ばれる中華そばが販売されています。1880年頃にこれがヒットし、横浜では次々に南京そばを販売する屋台が増えていったそうです。この南京そばが、後のラーメンになったのでは、と考えられています。
そして1910年に創業した東京・浅草の來々軒が日本ではじめて開かれたラーメン店とされています。当時はすごい人気で、行列までできていたそうです。人気のラーメン店に行列ができるのは、今も昔も変わらないようです。

ラーメンの種類

ラーメンに厳密な定義はなく、中華麺・スープ・具が入っていること以外は特にルールはありません。日本でも庶民食としてあげられるラーメンは種類が非常に多くあります。地方によって特徴があり、さらに店によってオリジナル要素を加えることで他の店との差別化を図ることも可能です。日本全国に数多くのラーメン店があるのは、このアレンジの自由度が高いからではないでしょうか。
スープの種類は、醤油・味噌・塩・豚骨の4種類に大きく分けることができます。日本独自の調味料がスープのベースになっていることからも、ラーメンが日本の料理であることが伺えます。
醤油ラーメンは東京でよく食べられており、醤油、鶏ガラ、その他にかつお節や煮干しといった出汁でできています。味噌ラーメンは札幌で生まれ、豚骨スープに味噌を足したものです。味噌の種類によっても味が異なります。塩ラーメンは鶏ガラ、豚骨でとった出汁に塩ダレで味を整えたあっさりとしたスープが特徴です。脂っこいスープが苦手な人から人気の高いラーメンです。豚骨ラーメンは豚骨を長時間煮込み、スープに骨髄のコラーゲンが融けだしたこってりスープです。

インスタントラーメンアレンジ方法

日本のインスタントラーメンは、時間がないときでもさっと作ることができてとても便利です。仕事が忙しいとき、試験前の学生さんなど、何度となくお世話になっていることでしょう。
最近では製造方法も進化しており、生麺と変わらない美味しい麺を自宅で味わうことができます。スープの種類を変えても、毎回同じ食べ方では飽きてしまいます。ちょっとしたアレンジで、インスタントラーメンを美味しくいただきましょう。

つけ麺風

普通のインスタントラーメンを別々の器に入れてつけ麺風にしていただきます。茹でた麺を水切りし、ごま油を少量からめます。そうすることで麺同士がくっつかず麺がとりやすくなります。付属のタレを熱湯で溶き、好みの濃さにしましょう。煮玉子や具材も一緒に入れて好みのタレを作るのも良いでしょう。タレができればこれで完成です。麺には水分がついており、だんだん味が薄くなりますので、タレの味は濃い目にすることをオススメします。

トマトラーメン

ちょっとおしゃれなイタリアン風のラーメンです。トマトジュースを使って簡単に作ることができます。トマトの栄養素も摂ることができますので、女性の方にオススメの食べ方です。作り方はとっても簡単です。麺を煮込む水の代わりにトマトジュースを使うだけです。鍋にトマトジュースを入れて沸騰させます。そこに麺を入れて茹でます。付属のスープも入れて最後にパルメザンチーズをふりかければ、パスタのような、洋風ラーメンができあがります。麺を食べた後にご飯を入れて食べるのもまた美味しいです。

ちょい足しアレンジ

ラーメンファンの中には、上記のような食べ方を邪道だと言う方もいらっしゃるでしょう。そんな方にオススメなのが普段のラーメンにちょい足しをするアレンジです。

■梅干し
こってりラーメンもさっぱりとした味わいで食べることができます。

■ごま油
ラーメンの風味が増して、味わい深くなります。醤油とごま油の相性は抜群です。

■生卵
熱々のラーメンの中に生卵を投入します。ラーメンの具材と言えば煮卵ですが、生卵はスープに溶け込み全体の味をまろやかにしてくれます。

ご当地グルメ

日本のインスタントラーメンは、時間がないときでもさっと作ることができてとても便利です。仕事が忙しいとき、試験前の学生さんなど、何度となくお世話になっていることでしょう。
最近では製造方法も進化しており、生麺と変わらない美味しい麺を自宅で味わうことができます。スープの種類を変えても、毎回同じ食べ方では飽きてしまいます。ちょっとしたアレンジで、インスタントラーメンを美味しくいただきましょう。

ご当地グルメとは

その土地特有の食材や特徴を活かし、それをアピールするために作られたグルメ料理のことです。ご当地キャラと同じように、町興しの一貫として自治体でも力を入れているところもあります。家庭に伝わる伝統的な郷土料理とは異なり、比較的新しい料理のことを言います。新たに作られたご当地グルメは多いですが、中にはすでに県内で根強い人気を誇っている料理がご当地グルメとして広まることも少なくありません。

土地の魅力が詰め込まれている

同じ日本でも地域によって県民性や特産物、味付けの好みは全く違います。地域の活性化には、その地域にしかない、ここでしか味わえない、と言う付加価値を付けて他県との差別化を図らなければなりません。そのため、考案されるご当地グルメの数々は、その土地にしか表現できない魅力が詰め込まれています。フレンチやイタリアンのような高級感よりも、もっと身近で親しみやすいものとなります。その親しみやすさも人気の理由ではないでしょうか。

はじまりはラーメン

ご当地グルメのはじまりはラーメンと言われています。各地方によってラーメンには特徴があります。札幌ラーメンにはじまり、博多ラーメンや喜多方ラーメンなど、北海道から東北、四国、九州まで実に多くのラーメンがあります。ご当地ラーメンが全国に広がったことをヒントに、各地方にご当地グルメが生み出されるようになったのではないでしょうか。ご当地ラーメンは現在のご当地グルメブームの先駆けと言えます。

鳴るちゅるうどん

鳴門で昔から食べられているうどんです。うどんの麺は柔らかさがある細麺ですが、長さも太さもバラバラで不揃いなのが特徴です。コシは全くなく、トッピングは油揚げを刻んだものとネギというシンプルになっています。黄金色の出汁があっさりとしているので、体調がすぐれないときや2日酔のときに食べたくなります。出汁は、アジやサバ、鰹節、昆布などの天然素材が使われているお店が多くあります。

徳島バーガー

鳴門鯛や阿波ポーク、阿波牛など、徳島のブランドを食材として作られた創作ハンバーガーです。徳島の食ブランドをアピールするため、そして徳島の経済を活性化させるための手段として生み出されました。
認定審査の基準を満たしたハンバーガーだけが「徳島バーガー」と名乗ることができます。空港やホテル、居酒屋などで食べることができます。

そば米雑炊

そばの実を殻ごと塩ゆでして乾燥させ、殻をのぞいたものがそば米ですが、これを雑炊にした料理がそば米雑炊です。祖谷地方ならではのもので、正月やお祭りのときに使われます。
祖谷地方は稲を作れない場所が多く、栽培期間が短いそばを主食代わりとして食していました。そば米を洗い水気を切っておいて、すまし汁に鶏肉や人参などの具材を入れ、最後のそば米をいれて完成です。

徳島ラーメン

そして、ご当地ラーメンとしても知られている徳島ラーメンです。徳島のラーメンは白濁の豚骨スープに薄口醤油で味付けしたあっさりした「白系」と、豚骨と鶏ガラ、香味野菜が使われ旨みのある「黄系」、豚骨スープに濃口醤油で味付けした「茶系」の3種類があります。当店の通販サイトでは、徳島ラーメンをお取り寄せすることができます。麺やスープ、チャーシューなどにこだわり、美味しくお召し上がりいただけます。
徳島のご当地ラーメンを食べたことがない方はもちろん、これまでにも食べたことがある方ももう一度味わってみてはいかがでしょう。

ラーメンの栄養バランスを整える具材選び

インスタントの袋ラーメンや、カップ麺によって、自宅でも簡単に美味しいラーメンが食べられるようになりました。しかし、自宅で作るラーメンは具材が少なく、店で食べるラーメンより寂しいのではないでしょうか。また、栄養バランスの偏りも気になります。

ラーメンの栄養素の偏り

ラーメンやパスタ、うどん、そばと言った麺類は手軽に食べられるため、ついつい忙しいときに食べてしまう方は多いです。人気の高い麺類ですが、それだけでは栄養素が炭水化物に偏ってしまいバランスの良い食事にはなりません。そのため、トッピングをプラスしてバランスを整えることをオススメします。

具材の選び方

炭水化物と脂質が多いラーメンはタンパク質やビタミン、カルシウムが不足しがちになります。そのためビタミンの含まれた野菜を具材に選びましょう。

ビタミン

一番簡単な具材はネギです。根の方にはビタミンCが、葉ネギにはビタミンAが含まれています。緑色が目にも鮮やかになります。また、ネギのピリッとした刺激が薬味となり食欲もそそります。キャベツもビタミンが豊富です。さっと茹でてラーメンの上に乗せるとシャキシャキと食感を楽しめます。一緒にもやしを入れるとさらに食感が豊かになります。
モロヘイヤ、ほうれん草、春菊と言った葉野菜にはビタミンAが多く含まれています。ラーメンによく入っているメンマにも多くのビタミンが含まれています。ビタミンB1、B2、ビタミンC、その他にも、食物繊維が多く含まれています。

タンパク質、カルシウム

タンパク質を摂取するには赤身の肉が一番良いです。ラーメンに欠かせないチャーシューでしっかりタンパク質を取りましょう。
また、カルシウム摂取のために魚や乳製品も取りましょう。ラーメンの具材としてのせることが難しいのであれば、食後に牛乳を一杯飲むことで栄養を補うことができます。卵は全体の栄養価が高いので、栄養不足を補うのに役立ちます。

知っておきたいラーメン用語

ラーメン用語はどのくらいご存知でしょうか。ラーメンが大好きでよく食べ歩きをしている方は、多くの用語を知っていると思いますが、中にはラーメン用語についてあまり知らない方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、基本的なラーメン用語をいくつかご紹介したいと思います。

油そば

油そばとは、スープが入っていないラーメンのことです。どんぶりにラードや醤油で作られた濃いタレを入れ、酢やオリーブオイルなどをかけて麺と混ぜ合わせて食べるものです。具はメンマやチャーシュー、天かす、かいわれなどが一般的です。

Wスープ(ダブルスープ)

煮干や鰹節、昆布などの魚介系の出汁と、豚骨や鶏ガラなどの肉類の出汁を別々に作り、後で合わせて作るスープ。別々に出汁を取る理由としては、それぞれの食材には適した煮込み時間や温度があり、最適な状態の出汁を組み合わせることで美味しいスープを作ることができます。

替え玉

食べているラーメンの器に足されるおかわりの麺のことです。元々は博多ラーメン特有の方式だったのですが、今では各地の人気店で取り入れられています。替え玉を注文するならスープを残しておかなければなりませんが、タレを用意しているお店もあります。ちなみに、替え玉の麺の硬さのランクとしてハリガネという用語もあります。

味付け玉子

味付け玉子はトッピングの代表的なもので、チャーシューの煮汁などを使って味付けされています。半熟のゆで玉子をタレに漬け込んだり、煮込んで味を染み込ませたりします。お店によっては味玉、煮玉子といった名前が使われます。

かえし

スープで割る前のタレのことです。そばの汁を作るときに使われるタレを煮かえしと呼ばれ、これがかえしと略されるようになりました。
自宅でラーメンを楽しむなら当店の徳島ラーメンがオススメです。国産豚を使用したスープや老舗の製麺所に発注している麺など、こだわり物産のラーメンとなっています。口コミでも人気の高い徳島ラーメンが通販で購入できますので、是非味わってみてください。

いっぱいあるご当地ラーメンの種類

元々中華料理であったラーメンですが、今では日本では当たり前にあり人気グルメのひとつです。独自に進化したラーメンもあり、北海道から四国・九州にわたって全国には様々なご当地ラーメンがありますので、ご紹介したいと思います。

札幌ラーメン

札幌ラーメン

北海道札幌市のご当地ラーメンです。ラードを使用したコクのある味噌味が特徴ですが、元々の札幌ラーメンは塩味でした。麺は黄色をしており、コシがある太い麺となっています。バターやトウモロコシをのせたコーンバターラーメンが人気のようです。

冷やし中華

冷やし中華

宮城県仙台市で発祥したのが冷やし中華です。仙台七夕にあわせてざるそばから作られ、当時はきゅうりやハム、チャーシュー、錦糸卵などをのせて冷たい汁を掛けて食べていました。

喜多方ラーメン

喜多方ラーメン

福島県喜多方市のラーメンです。スープは豚骨と煮干をベースに作られたスープが特徴の醤油ラーメンです。極太の平打麺を使用しており、ネギやメンマ、もやしなどシンプルなトッピングとなっています。

東京ラーメン

東京ラーメン

醤油ラーメンの基本となるのがこの東京ラーメンです。昆布や煮干などの海の幸がスープに使われており、細めのちぢれ麺を使用したあっさりとした醤油味となっています。

和歌山ラーメン

和歌山ラーメン

和歌山県北部のラーメンです。豚骨と醤油の2種類のスープがあり、トッピングにかまぼこが使われるのが特徴です。柔らかめな細めのストレート麺で地元では中華そばと呼ばれています。

博多ラーメン

博多ラーメン

福岡市のご当地ラーメンです。豚骨ベースの白濁したスープで極細麺が使われています。チャーシューやメンマ、キクラゲ、海苔などのトッピングが一般的です。

お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなる理由

満腹中枢が麻痺している

私たちは食事をすると吸収された糖質が肝臓によってグルコースという成分に変わり、血液中に放出されて血糖値を上げます。この血糖値によって満腹中枢が活発に働き食欲がなくなっていきますが、お酒を飲むと、肝臓は優先的にアルコールの分解を始め、血糖値が上がりにくくなり、結果満腹中枢が麻痺して満腹感が得られにくくなります。

アルコール分解に必要なエネルギー源

お酒を飲むと肝臓にアルコールが運ばれアルコールを分解していきますが、そのときにエネルギーが必要になります。エネルギー源となる炭水化物を体が欲するのです。特に消化の良い麺類は好まれます。
また、お酒を飲むと、アルコールによる利尿作用で体内のカリウムが不足しがちになります。塩分が多く含まれているラーメンのスープはご飯やパンなど、他の炭水化物より好まれる理由のひとつです。

アルコールを分解する栄養分を補給するため

肝臓によってアルコールが分解されるときには、ビタミンや亜鉛、非必須アミノ酸でもあるアラニン、グルタミン酸といった栄養分が必要になります。実はラーメンにはこれらの栄養素が多く含まれています。
例えばスープの出汁に使われる豚骨や鰹節にはアラニンが含まれていますし、ラーメンの麺の原料になる大豆や小麦にはグルタミン酸が含まれています。また、スープに使われる鰹節には亜鉛が多く含まれています。お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなるのは、実は体が欲していることでもあり、普段よりも格別に美味しく感じられます。お店に立ち寄ってラーメンを食べるのも美味しいですが、家に帰った後にゆっくり食べるのも良いでしょう。
自宅でラーメンを食べるなら徳島グルメ(鳴門グルメ)の徳島ラーメンがおすすめです。食べログで上位にランキングされた当店の徳島ラーメンが、通販でお取り寄せすることができます。実店舗もありますので、徳島へ遊びにいらした際は是非、立ち寄ってみてください。

CONTENTS

CATEGORY