西食

徳島ラーメンの通販なら西食|食べログラーメンランキング ベストラーメン2013受賞店

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなる理由

お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなる理由

居酒屋などでお酒を飲んだあと、無性にラーメンが食べたくなるのはなぜでしょうか。

満腹中枢が麻痺している

私たちは食事をすると吸収された糖質が肝臓によってグルコースという成分に変わり、血液中に放出されて血糖値を上げます。この血糖値によって満腹中枢が活発に働き食欲がなくなっていきますが、お酒を飲むと、肝臓は優先的にアルコールの分解を始め、血糖値が上がりにくくなり、結果満腹中枢が麻痺して満腹感が得られにくくなります。

アルコール分解に必要なエネルギー源

お酒を飲むと肝臓にアルコールが運ばれアルコールを分解していきますが、そのときにエネルギーが必要になります。エネルギー源となる炭水化物を体が欲するのです。特に消化の良い麺類は好まれます。
また、お酒を飲むと、アルコールによる利尿作用で体内のカリウムが不足しがちになります。塩分が多く含まれているラーメンのスープはご飯やパンなど、他の炭水化物より好まれる理由のひとつです。

アルコールを分解する栄養分を補給するため

肝臓によってアルコールが分解されるときには、ビタミンや亜鉛、非必須アミノ酸でもあるアラニン、グルタミン酸といった栄養分が必要になります。実はラーメンにはこれらの栄養素が多く含まれています。
例えばスープの出汁に使われる豚骨や鰹節にはアラニンが含まれていますし、ラーメンの麺の原料になる大豆や小麦にはグルタミン酸が含まれています。また、スープに使われる鰹節には亜鉛が多く含まれています。 お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなるのは、実は体が欲していることでもあり、普段よりも格別に美味しく感じられます。お店に立ち寄ってラーメンを食べるのも美味しいですが、家に帰った後にゆっくり食べるのも良いでしょう。

自宅でラーメンを食べるなら徳島グルメ(鳴門グルメ)の徳島ラーメンがおすすめです。食べログで上位にランキングされた当店の徳島ラーメンが、通販でお取り寄せすることができます。実店舗もありますので、徳島へ遊びにいらした際は是非、立ち寄ってみてください。